平均1ヶ月35万円?オーストラリアの留学の費用はどのくらい?

Yumiko Kijima
10.01.20
この記事は2分で読めます

この記事では、オーストラリア留学にかかるコストを項目別に詳しく解説しています。オーストラリア留学を考えている人はぜひ一読することをおすすめします。さらに、留学コストを節約するコツも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

オーストラリアの留学にかかる費用(1ヶ月、3ヶ月、半年、1年間)

期間 1ヶ月 3ヶ月 半年 1年間
費用 25万円~50万円 40万円~125万円 80万円~250万円 170万円~490万円
内容 オーストラリアで1年留学する際の費用
学費 50万円~240万円
居住費 75万円~125万円
食費 23万円~83万円
交通費 8万円~10万円
海外保険料 4万円~25万円
ビザ費用 620AUD(約46,000円)
航空券 5万円~6万円
海外送金手数料 1,750円~6,000円/回
合計: 170万円~490万円

オーストラリア留学の最も大きな出費は学費です。留学の形態によって学費は大きく変わってくることに気を付けましょう。以下では、項目別に留学費用を詳しく解説しています。自分の留学のスタイルに最も合ったものを参照し、ぜひ自分で一度計算してみてください。


オーストラリアへリアルレートで海外送金

日本の円口座からオーストラリアの口座に10万円送金する場合

銀行/プロバイダ 送金手数料 為替レート 合計コスト
banks-logo-jp 銀行 1,750円~6,000円 為替手数料を上乗せした独自のレート 1,750円~6,000円+為替手数料
TransferWise TransferWise 938円 実際の為替レート 938円

海外留学の際には、留学費用の支払いや仕送りなどで何かと海外送金が必要になるもの。銀行からの海外送金では高い送金手数料に加え、為替レートに含まれた為替手数料もかかります。このため、1回あたりの送金コストが5,000円を超えることも珍しくありません。送金にかかるコストを削減したい人は、TransferWiseなどの海外送金サービスの利用も検討してみましょう。

実際の為替レートで海外送金:TransferWise無料登録

オーストラリア留学でかかる費用一覧

学費

留学形態 費用
語学学校(1ヶ月) 平均12~15万円
大学正規留学(1年あたり) 平均240万円
大学交換留学(1年) 53万円~100万円(日本の大学に支払う)
高校留学(1年あたり) 50~140万円

オーストラリア語学留学(短期留学)費用

語学学校の学費は、一般的に1週間あたりの価格で提示されます。費用は、クラスのスタイル(個人指導・集団)・レベル・1週間あたりの授業数などによって異なってきます。また大学でも語学コースが開講されていることもありますが、価格は通常の語学学校とほとんど同じです⁷。

【例】

  • フルタイム(週当たり24クラス~):25,000円~44,000円/週
  • パートタイム(週当たり10~20クラス)19,000円~37,000円/週
  • 個人指導1授業追加:約1万円¹⁺⁸⁻¹²

オーストラリア大学交換留学

交換留学の場合は、日本の大学に在籍しながらカナダの大学に通うため、学費は日本の大学に継続して支払うことになります。日本の学費はオーストラリアよりも安いことが多いため¹³、お得に留学したい人におすすめです。

オーストラリア大学正規留学

オーストラリアの大学は3年制が一般的。一般教養にあたる授業がなく、はじめから専門的な授業を受けることになります。そのため、日本の高校から直接オーストラリアの大学に入学することは難しく、まずは1年間ファウンデーションコースと呼ばれる大学進学のための準備コースに通うことが一般的です。¹⁴⁺¹⁵

ファウンデーションコースは、大学で開催される場合もあれば、TAFEと呼ばれるオーストラリアの職業教育機関で受けることもできます。ファウンデーションコースの学費は1年間で110万円~290万円程度となっています¹⁴。

オーストラリアの大学は世界の中でも学費が高いです²。例えばシドニー大学の場合は年間290万円~380万円となっています⁷。もちろん公立か私立かによっても違いますが、平均は年間240万円程度です。

オーストラリア高校留学費用

オーストラリアは高校留学の行き先としても人気。州によって学費は異なり、例えばシドニーのあるニューサウスウェールズ州の公立高校の学費は年間約50万円、西オーストラリア州では約130万円となっています。また、私立高校の場合はより高額になることもあるでしょう。³⁻⁶

居住費

居住形態 費用
大学の寮 18,000円~30,000円/週
語学学校の寮 21,000円~49,000円/週
アパートメント 平均94,000円~120,000/月
ホームステイ 20,000円~25,000円/週

オーストラリア大学寮費用

大学留学の場合、大学の寮に滞在することが一般的かと思います。もちろん大学や居住する都市、寮のスタイル(個室・二人部屋)などによっても異なりますが、1週間あたり18,000円~30,000円が相場です。これは1年(10ヶ月)あたり約75万円~125万円という計算になります。¹⁶⁻¹⁸

語学学校の寮

語学学校への短期留学の場合、基本的に滞在方法は語学学校の寮もしくはホームステイの2択になります。寮の価格は滞在する週数が多いほど安くなりますが、1ヶ月あたり8~12万円程度というのが相場です。⁸⁺¹⁹

オーストラリアアパートメント費用

長期で留学する場合は、アパートを借りて生活するのも手です。オーストラリアの平均的な家賃(ワンルーム)は都市中心部で7万円~18万円、少し離れた郊外だと6万円~13万円程度となっています。²⁰⁺²¹

ホームステイ費用

高校留学や短期留学の最も一般的な滞在方法はホームステイです。ホームステイは食事が含まれていることがほとんどなので、生活費を安く抑えたい人におすすめかもしれません。

ホームステイの費用は、都市によって若干差はあるものの、食事つきで週当たり20,000円~25,000円程度が相場です。これは1か月で8万円~10万円、1年あたり80万円~100万円程度となります。²³⁻²⁵

食費

オーストラリアの食費は日本と大体同じか高いくらいと考えてよいでしょう。一般的な外食費用は1食800円~1,500円程度、また牛乳1リットル当たり111円、卵1ダースは320円程度となっています。²⁰

クイーンズランド大学のホームページでは、学生の1か月あたりの食費は23,000円~83,000円程度であると書かれています。このように、自炊をするか外食中心であるかによって、大きな差があることが分かりますね。1か月あたり4~5万円程度が平均的であるといえます。²⁶⁺²⁷

交通費

交通費は生活する都市や生活スタイル等によっても異なりますが、1週間あたり2,000円~4,000円程度が相場となっています。公共交通機関を多く利用する場合は、定期券(1か月あたり約1万円)の購入も検討してみましょう。²º⁺²¹⁺²⁷

海外送金手数料

日本の口座からオーストラリアの口座へ10万円送金する場合(手数料:送金人負担)²⁸

銀行/プロバイダ 送金手数料(中継銀行手数料を含む) 為替レート 受取額
TransferWise TransferWise 938円 実際の為替レート(1AUD=74.5684円) 1,310.32AUD
三井住友銀行 三井住友銀行SMBCダイレクト 6,000円 為替手数料を上乗せした独自のレート(1AUD=76.93円) 1,222.63AUD
楽天銀行 楽天銀行 1,750円 為替手数料を上乗せした独自のレート(1AUD=76.44円) 1,265.03AUD
新生銀行 新生銀行Goレミット 2,000円 為替手数料を上乗せした独自のレート(1AUD=76.51円) 1,264.92AUD

海外送金の際には、送金手数料だけでなく、各銀行が使用する為替レートにも注意が必要です。銀行や多くの海外送金プロバイダは、実際の為替レートに為替手数料を上乗せしています。為替手数料は、留学費用などの高額な送金の際に特に気を付けたいところです。一方で、TransferWiseのように実際の為替レートで送金できるサービスもあります。

海外保険料

オーストラリアは医療費が高額なため、万が一の病気やケガに備えて保険に加入することが必須です。学校から指定する保険がある場合はそれに加入しましょう。

オーストラリアへ学生ビザで滞在する全ての学生はOverseas Student Health Cover(OSHC: 外国人留学生健康保険)への加入が義務付けられています²⁹。OSHCは3ヶ月で128AUD(約9,500円)、1年間で514AUD(約38,000円)となっています。

ただし、OSHCによってカバーされる範囲は日本の海外留学保険よりも小さく、また盗難などの保障はついていません。心配な人は追加で日本の保険に加入してもいいですね³⁰。AIGの海外留学保険は1年あたり18万円~21万円程度ですが、歯科治療や盗難補償などもつき、日本語のコールセンターもあるので安心感がありますね。³¹

ビザ費用

オーストラリア留学では、3か月未満の短期留学の場合は学生ビザが不要です。一般的な観光客と同じETASビザで入国・留学することができます(日本国籍の場合)。3か月以上のフルタイム留学(週25時間以上)の場合は、留学生ビザを取得しなければいけません。³²⁺³³

【ETAS費用】500円~約1,500円

ETASはオンラインで申請することができます。オーストラリア移民局のホームページから自分で申請する場合は20AUD(約1,500円)かかりますが、ETAS申請代行業者や留学エージェントを通して取得すると安くなる場合があります。³⁴⁻³⁶

【学生ビザ費用】620AUD(約46,000円)※2019年12月現在³⁶

航空券

日本からはオーストラリアのシドニー、ケアンズ、メルボルン、ブリスベンなどに直行便が出ています。日本からの観光客も多いため航空券は比較的安く、1年を通じて往復5~6万円程度で購入することができます。³⁷⁺³⁸

オーストラリア留学費用の節約方法

1. 海外送金の費用を抑える

上でも見た通りですが、海外留学の際には必ずといってよいほど海外送金を行う機会が出てきます。意外と忘れがちな海外送金のコストですが、一般的な銀行では送金手数料と為替手数料を合わせて、1回あたり5,000円以上かかってしまうことも。これは結構な痛手ですよね。

海外送金の費用を抑える簡単な方法は、TransferWiseのように実際の為替レートを使用して送金するサービスを使うことです。TransferWiseは常に実際の為替レートを使っている為替手数料は一切かかりません。また送金手数料も安く抑えられており、最大で銀行の8倍安く送金することもできます。ぜひ一度送金シミュレーションで合計コストを確認してみてください。

2. 航空券を早めに探し始める

留学で必ずかかるコストが往復の航空券代金です。航空券にかかる費用を節約するために、出発ギリギリまで待たずに早めに航空券を探し始めることをおすすめします。国際線の航空券は、出発日の3か月前までに予約するのが最適であると言われています。LLCの早割セールなどを利用すれば、日本~オーストラリア往復で4万円以下ということも可能です³⁸。

3. お金の管理の仕方を工夫する(日本のクレジットカード?現地の銀行口座?)

海外で日本のクレジットカードを使う際には、円ではなく現地通貨(オーストラリアドル)を選択することが重要です。現地通貨を選択すれば、カード会社が定める為替手数料(1.6%〜2.3%ほどのことが多い)が引かれますが、日本円を選択すると各店舗が自由に定める手数料が引かれてしまいます。この手数料は公示されていないことが多いため不透明な上、高額になりがちなので気をつけましょう。そのため、決済時は、必ず「現地通貨」(オーストラリアドル)を選びましょう。

それでも、日本のクレジットカードを使えば、為替手数料が発生することに変わりはありません。長期で滞在する場合は、オーストラリア現地で銀行口座を開き、その銀行が発行するクレジットカードやデビットカードを利用するのも手ですね。

または、オーストラリアではTransferWiseのマルチカレンシー口座のデビットカードも利用可能です。マルチカレンシー口座とは、複数の国の通貨を同時に管理できる口座のことで、

  • 現地の銀行口座と同じように、オーストラリアへの送金を受け取れる
  • 格安の両替手数料とリアルレートで同アカウント内で通貨を両替できる(40以上の通貨が利用可能)
  • 1ヶ月350AUDまでATM引き出し手数料無料
  • 口座維持費・アカウント開設費無料

長期の滞在を予定している人、留学中にオーストラリア以外への旅行をしたい人、海外出張が多い人などにおすすめです。また、日本の口座から生活費用などを送金するときに、現地の受け取り口座として使うことができます。

4. 奨学金を申し込む

留学の最も大きな出費は学費です。学費は決まった額なので節約するのは難しいですが、奨学金制度を活用することで負担を減らすことができます。多くの奨学金は大学への留学を対象にしていますが、中には語学留学や高校留学にも使えるものもあります。

iae奨学金(語学留学も可能)³⁹、IELTS奨学金⁴º、トビタテ!留学ジャパン(高校留学も可)⁴¹、日本学生支援機構奨学金など

オーストラリア留学費用まとめ

以上、オーストラリアの留学にかかる費用を詳しく見てきました。オーストラリアは学費や生活費が比較的高額な傾向があり、1か月の留学では30~40万円程度の予算を準備しておくと良いでしょう。

留学のコストを削減したい人は、ホームステイを活用したり、自炊を心がけたりする以外にも、出発前からできる節約方法(奨学金の申し込みや航空券の早期予約など)も活用してみましょう。そして意外な出費となりがちなのが海外送金。銀行からの送金ではなく、TransferWiseのような海外送金サービスの利用もおすすめです。


ソース

  1. Language International | General English courses in Australia
  2. Top Universities | How Much Does it Cost to Study in Australia?
  3. South Australian Government Schools | 2020 Fee Schedule
  4. DE International | What the education fee covers What the education fee does not cover Fact sheet – Education fee
  5. TAFE International Western Australia | School tuition fees
  6. Victorian Government Schools | 2020 Study Abroad International Student Tuition and Non-Tuition Fees
  7. シドニー大学 | 期間と費用
  8. ILSC Language Schools | Price List 2019
  9. Browns English Language School | 2020 Fee Schedule Adult Programs
  10. International Partners for Study Abroad | 2019 Prices and Dates of The English Language Courses in Sydney
  11. International Partners for Study Abroad | Prices and Dates of the English language courses in Brisbane
  12. KAPLAN International Languages
  13. ゼロワンインターン | 国公立・私立大学の学費は4年間でどれくらいかかる?
  14. Studies in Australia | Foundation courses: a pathway into degrees
  15. 留学くらベーる | オーストラリア大学留学の費用、成功させたい人必見!
  16. Student Housing Australia: Student Accommodation in Melbourne
  17. the University of Sydney | Regiment Building
  18. the University of Sydney | Queen Mary Building
  19. Browns English Language School | 2020 Fee Schedule Adult Programs
  20. Numbeo | Cost of Living in Australia
  21. Expatistan | Cost of Living in Australia - 2020 prices.
  22. Victorian Government Schools | 2020 Study Abroad International Student Tuition and Non-Tuition Fees
  23. Australian Homestay Network | Melbourne Pricing
  24. Australian Homestay Network | Sydney Pricing
  25. Australian Homestay Network | Student Pricing
  26. The University of Queensland | Cost of living
  27. Australian Government | Education and living costs in Australia
  28. TransferWise | 海外送金にかかる手数料を比較(2020年1月10日18:16(GMT+2)確認)
  29. オーストラリア留学交流協会 | OSHC(海外留学生保険)とは?
  30. シドニー留学センター | オーストラリア海外留学生健康保険(OSHC)について
  31. AIG損保
  32. オーストラリア留学センター | オーストラリアの学生ビザ
  33. オーストラリア留学.net | 学生ビザの申請方法
  34. 留学準備マニュアル | 短期留学に必要なオーストラリアの観光ビザETASの申請方法 2020年版
  35. Australian Government | Electronic Travel Authority (ETA)
  36. Australian Government | ​Fees and charges for Study visas
  37. スカイスキャナー | 東京発⇒シドニー行き 飛行機・格安航空券の検索
  38. オーストラリアに移住したパパのブログ | オーストラリア往復航空券の安い時期と相場。オトクに買うコツ
  39. iae奨学金制度
  40. IELTS奨学金
  41. トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム

TransferWise – 海外送金をもっと安く、もっとカンタンに

詳しくはこちら

役立つ情報、ニュース、お知らせ