楽天銀行で海外送金を受け取るには?手数料やレートを解説!

TransferWise
04.03.19
この記事は1分で読めます

グローバル化が進んだ今日、海外への送金を取り扱うサービスも非常に多様化しています。国際送金はどの銀行・プロバイダを利用するかによって、手数料など、送金にかかるコストが大幅に変わってきます。

送金する際だけでなく海外からの送金を受け取る場合も、使うサービスや銀行によって受取額が変わることもあります。

この記事では、楽天銀行で海外からの送金を受け取る方法や手数料、為替レートなどについて詳しく解説していきます。

楽天銀行で海外送金を円口座で受け取る際にかかる手数料

受け取り手数料 為替レート 受け取りにかかるコスト
楽天銀行楽天銀行で受け取る場合 2,450円 為替手数料が含まれた独自の為替レート(送金銀行または楽天銀行が指定) 2,450円+為替手数料(+中継銀行手数料)
TransferWise 送金人がTransferWiseを使う場合 100万円以下の受け取りの場合、0円。100万円よりも多い額は、適宜受け取り手数料がかかる 実際の為替レート 0円(100万円以下の受け取りの場合)

(楽天銀行 ソース 2019年2月)

海外送金の受け取りは「受け取り手数料」だけではない?知っておきたい様々な手数料

海外送金を受け取る際にかかるのは、受け取り手数料だけではありません。「思ったよりもコストがかかってしまった」とならないように、全てのかかり得る手数料について知っておきましょう。

海外送金にかかる手数料一覧

海外送金の一般的な手数料
送金手数料 送金銀行でかかる手数料。普通、送金人負担だが、受取人負担を選択することもできる。
中継銀行手数料 送金銀行と受取銀行をつなぐ中継銀行にかかる手数料。送金人か受取人負担か選べる。しかし送金人負担を選んだとしても、受取額から引かれる可能性もある。
受取手数料 受取銀行で受け取るための手数料。楽天銀行では、これが2450円となっている。
為替手数料(為替の両替が行われる場合) 為替レートに上乗せされる手数料。

中継銀行手数料とは

海外送金は、送金銀行と受取銀行に直接提携関係がない場合、間をつなぐ中継銀行が必要となります。そしてこの中継銀行でも手数料がかかります。海外送金では、多いときは3つもの中継銀行を通すため、その分手数料も増えていきます。

中継銀行手数料で気を付けたいのは、実際に送金するまで正確な額がわからないということ。送金人が送金時点で中継銀行手数料を支払うこともできますが、途中でかかる中継銀行手数料によっては、受取額からさらに引かれることもあるのです。

海外送金の隠れコスト:為替レート・為替手数料

中継銀行手数料よりもさらにわかりづらいのが、**「為替手数料」**です。銀行や海外送金プロバイダは、多くの場合、実際の為替レートではなく、為替手数料を含んだ割高なレートを使用しています。

楽天銀行の場合は、ホームページに為替手数料について以下のような記載があります。

「外貨で到着した送金を円貨に交換のうえ円普通預金口座に入金する場合は、当行所定の為替レートを適用します。...為替レートには当行の為替手数料が含まれています。...外国為替市場の動きに合わせリアルタイムに変動します。」

具体的には、通貨によって以下の為替手数料がかかります。

楽天銀行の為替手数料
米ドル 1米ドルあたり25銭
ユーロ 1ユーロあたり25銭
豪ドル 1豪ドルあたり45銭
英ポンド 1ポンドあたり45銭
NZドル 1NZドルあたり45銭
南アランド 1南アランドあたり30銭

「1米ドルあたり25銭」とは、具体的にはどういうことでしょうか?

例えば、実際の為替レートが111円/ドルで、アメリカから1000ドル分の送金があったと仮定しましょう。

実際の為替レートでは、1000ドル × 111円/ドル = 111,000 円受け取れるはずです。

しかし、楽天銀行では1米ドルあたり25銭(0.25円)の為替手数料がかかるので、

111,000 円 - 0.25円/ドル×1000ドル = 111,000円 - 2500円 = 108500円と受取額が減ってしまいます

このように、楽天銀行の受け取り手数料2450円以外にも、為替手数料がかかっていることに気をつけたいですね。

比較的マイナーな通貨から日本円で受け取るときは特に気をつけるべきでしょう。マイナーな通貨→米ドル、米ドル→日本円といったように、2回に渡って両替されることが多いので、為替手数料が二重に取られることになるため、より受け取れる金額が減ってしまいます。

(楽天銀行 ソース 2019年2月)

TransferWise:実際の為替レートを使用した透明性の高い海外送金方法

数ある国際送金サービスの中には、実際の為替レートを使用しているものもあります。その代表例がTransferWiseです。受取人にとっては、銀行や他の海外送金プロバイダの為替手数料を含んだ為替レートよりも多くの金額が受け取れる可能性が高いです。また、100万円までの受け取りであれば、受け取り手数料もかかりません。

TransferWiseは、国内送金を活用した独自の送金システムで、手数料だけでなく送金時間をより少なくできることも特徴です。

具体的には、イギリスから日本に送金する場合、イギリスの送金人口座→イギリスにあるTransferWiseの口座、日本にあるTransferWiseの口座→日本の受取人口座といったような新しい送金システムを構築しています。

利用者数は400万人以上、毎月送金額は約4160億円と、世界中で多くの人に利用されているサービスです。日本でも、関東財務局に「資金稼働業者」として登録されています。

より少ない手数料で海外送金を受け取りたい場合は、送金人にTransferWiseの使用を提案してみるのもいいでしょう。受取人はTransferWiseでアカウントを開設する必要はなく、日本で普段使っている銀行口座を送金人に伝えるだけです。送金人が自国のTransferWiseの口座に入金した後、TransferWiseの日本口座から受取人の口座に送金されます。手数料シミュレーションはこちらから簡単にできます。

楽天銀行で海外送金を受け取るのにかかる日数

楽天銀行で海外からの送金を受け取る場合、通常送金日+1日~3日での着金となります。ただこれはあくまでも目安であり、送金先の国の規制や手続きによって変わることもあるので注意しましょう。

また受取手続きは、送金到着の案内が届いてから10営業日以内に行う必要があります。期限内に受取手続きが行われなかった場合、送金先に返金されてしまいます。また、円普通預金口座への入金は、月曜日08:00~土曜日02:59の間に手続きを行いましょう。

(楽天銀行 ソース1ソース2 2019年2月)

楽天銀行で海外送金を受け取るために送金者に伝えるべき情報

楽天銀行で海外からの送金を受け取る場合、送金相手に以下の情報(英語)を伝える必要があります。

  • SWIFTコード(SWIFT Code / BIC):RAKTJPJT

  • 受取銀行名/支店名(Beneficiary Bank Name, Branch Name):RAKUTEN BANK, LTD. HEAD OFFICE

支店名は自身の支店に関わらず、「HEAD OFFICE」を送金指図に入力します。

  • 銀行住所(Beneficiary Bank Address):1-14-1 TAMAGAWA, SETAGAYA-KU, TOKYO, JAPAN

  • 中継銀行(Intermediary Bank):SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION, TOKYO, JAPAN

楽天銀行での海外送金受け取りは、中継銀行は三井住友銀行に指定する必要があります。

  • 中継銀行のSWIFTコード:SMBCJPJT

  • 受取人口座番号(Beneficiary Account Number):店番号(3桁)-口座番号(7桁)

  • 受取人名(Beneficiary Name):英字口座名(例)TARO RAKUTEN

  • 受取人住所(Beneficiary Address):自身の住所を英語で表記したもの

(楽天銀行 ソース 2019年2月)

楽天銀行で海外送金を受け取る方法

では、実際に楽天銀行で国際送金を受け取る方法を見ていきましょう。

  • メッセージボックス宛に、海外送金到着のお知らせ

  • 楽天銀行口座にログインし、「海外送金」→「海外送金・外貨送金の受取」をクリック

  • 到着一覧が表示されるので、受け取りたいものを選択して、受け取り手続きに進む

  • 「送金の受取目的」、「入金口座」を選択

  • 確認画面で内容を確認のうえ、「確定する」をクリック

  • 受取手続き完了

2019年現在、海外からの送金を受け取るには、楽天銀行にマイナンバーに関する書類を提出する必要があります。まだ提出が済んでいない場合は、ホームページで方法を確認の上、受け取り前に手続きを完了させてください。

(楽天銀行 ソース1 ソース2 2019年2月)

お得に海外送金を受け取るには?

以上、楽天銀行で海外からの送金を受け取る際の手数料や手続きなどを見てきました。楽天銀行の国際送金の受取手数料は2,450円です。しかしこれ以外に中継銀行手数料がかかる可能性があります。さらに為替レートに隠れた為替手数料が含まれていることも忘れてはいけません。これらの手数料は、すべて受取額から引かれます。

TransferWiseのように、受け取り手数料が無料(100万円まで)、さらにリアルタイムの為替レートを採用しているために為替手数料もかからない海外送金サービスもあります。

受取額を最大にしたい場合は、送金人にTransferWiseを提案してもいいかもしれません。受け取るだけならアカウントを開設する必要はありません。送金額と受取額がシミュレーションから簡単にわかります。

楽天銀行の海外送金問い合わせ先

楽天銀行での海外送金の受け取りに関して疑問がある場合は、以下に問い合わせてみましょう。疑問点のない状態で送金・受け取りができるといいですね。

  • 電話での問い合わせ

海外送金専用ダイヤル:0120-691-075

携帯電話・PHS等:0570-081-910(通話料有料)

国際電話:03-6832-2252(通話料有料)

上記の受付時間は全て月曜日~金曜日の9:00~17:00です。(土・日・祝日・12月31日~1月3日を除く)

  • メールでの問い合わせ

メールでの問い合わせはこちらから。

(楽天銀行 ソース 2019年2月)


当社は、当ブログを利用することによって生じたいかなる損害について、一切の責任を負いかねます。 当ブログに掲載されている情報は、その妥当性、信頼性、有用性、最新性を保証するものではありません。 当ブログで掲載している情報につきましては、一切の予告なく内容を変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。

TransferWise – 海外送金をもっと安く、もっとカンタンに

詳しくはこちら
海外送金について

WorldRemit(ワールドレミット)日本からの送金方法、手数料・為替レートを解説!

格安の送金手数料が話題のWorldRemit(ワールドレミット)。その送金方法、必要書類、手数料を詳しく解説!送金手数料以外にもコストがかかるって知ってた?リアルレートでお得に送金できるサービスTransferWiseについても紹介しています。

Yumiko Kijima
30.12.20 この記事は1分で読めます

役立つ情報、ニュース、お知らせ