2020年ドイツで銀行口座を開設する!人気の銀行は?

Yumiko Kijima
15.01.20
この記事は1分で読めます

ドイツに留学・赴任などで長期滞在する際、欠かせないのが現地の銀行口座です。この記事では、ドイツで銀行口座を開設する方法をまとめています。

ドイツで口座開設を考えている人は、事前にこの記事で必要書類や手数料、おすすめの銀行などを確認しましょう。さらに、日本・ドイツ間で海外送金する際の手数料を節約するコツも見ていきます。

目次

リアルレートでドイツに海外送金

ドイツの銀行口座を開いたら、日本⇆ドイツ間の海外送金の機会もあるかもしれません。海外送金に特化したTransferWiseを使うと、為替手数料が含まれない実際の為替レートで送金ができます。

例:日本の円口座からユーロ口座へ10万円を送金する(手数料:送金人負担)¹

銀行/プロバイダ 送金手数料 為替レート 合計コスト 受取概算額
楽天銀行 楽天銀行 1,750円 独自の為替レート (1EUR = 123.630JPY) 1,750円+為替手数料 794.71 EUR
新生銀行 新生銀行Goレミット 2,000円 独自の為替レート (1EUR = 123.584JPY) 2,000円+為替手数料 792.98 EUR
三井住友銀行 三井住友銀行SMBCダイレクト 6,000円 独自の為替レート (1EUR = 122.861JPY) 6,000円+為替手数料 765.10 EUR
TransferWiseTransferWise 153円+0.79% 実際の為替レート (1EUR = 122.225JPY) 936円 810.50 EUR

(2020年1月14日15:37(GMT+2)時点)

海外送金の際は、送金手数料だけではなく、隠れたコストになり得る為替レートもしっかりと比較・確認してみるといいでしょう。


ドイツの銀行口座開設の条件は?非居住者はできない?

ほとんどのドイツの銀行は、ドイツの住所があることを口座開設の条件としています。言い換えれば、ドイツの銀行口座を開設するには、ドイツ居住者であることが基本です。

しかし、非居住者であってもドイツの口座を開設できる場合もあります。物理的な支店のある銀行ではなく、インターネット銀行(ドイツ語でDirektbank)のDKBやComdirect、N26などには非居住者用の口座オプションが用意されています。

しかしその場合も、誰でも口座開設ができるわけではなく、以下のような条件があります。

  • ドイツ国籍を保持していること 
  • ドイツ語圏(オーストリア、スイス)に住所があること
  • (N26の場合)EU圏、もしくはアメリカ合衆国に住所があること²

つまり、ドイツ国籍でなく、またドイツ語圏やEU以外に住所がある場合(日本在住の日本人など)は、ドイツの口座を開設することは原則できないでしょう。³⁺⁴

ドイツの銀行口座を日本支店で開設できる?

ドイツ最大級の銀行であるDeutsche Bank(ドイツ銀行)やCommerzbank(コメルツ銀行)は、日本にも支店を構えています。しかし、その業務は主にコーポレート・ファイナンスとなっており、銀行口座の開設は行っていません。⁵⁺⁶

つまり、ドイツの銀行の日本支店で口座を開設することはできないと考えていいでしょう。

ドイツで銀行口座を開設するのに必要な書類

ドイツで口座を開設する際は、以下の書類が必要となります。⁷⁻⁹

【必ず必要になるもの】

  • パスポート 
  • 住民登録証(Meldebescheinigung)

【銀行によって必要になる場合があるもの】

  • 学生証(学生用口座を開設する場合)
  • 収入証明書、会社の在籍証明書など
  • SCHUFAの信用スコア

ドイツで銀行口座を開設する方法

ドイツで銀行口座を開設するには、銀行の店舗を直接訪問するのが基本です。しかし、銀行によってはオンラインからでも口座開設ができる場合もあります。

以下では、2種類の口座開設方法を見ていきます。

【店舗で開設する方法】¹º⁺¹¹

  • 銀行支店に訪問の予約を入れる(電話・メール・オンライン)※銀行や支店によっては不要の場合も
  • 口座を開設したい銀行の支店を訪れる
  • 口座開設申し込み書に必要事項を記入
  • 必要書類を提示
  • 利用規約にサイン
  • 口座開設完了
  • (2~5営業日後)登録した住所にキャッシュカード・デビットカード、パスワード、スターターキットなどが郵送で届く

【オンラインで開設する方法】¹²⁺¹³

  • 銀行のホームページで開設したい口座の種類を選択
  • 「オンラインで口座を開設」ボタンをクリック
  • 必要事項を入力
  • 利用規約に同意する
  • 本人確認(本人確認書類のアップロード、もしくはドイツポストによる本人確認サービスPostIdentを使う)
  • 口座開設完了
  • (2~5営業日後)登録した住所にキャッシュカード・デビットカード、パスワード、スターターキットなどが郵送で届く

ドイツの銀行、どこがおすすめ?

金融業の発達したドイツには、数多くの銀行があり、自分のニーズに合った銀行を比較検討して選択することが重要です。以下では、ドイツでも特におすすめの銀行を紹介します。

【物理的な店舗を持つ銀行】

  • Deutsche Bank
  • Sparkasse
  • Commerzbank
  • Postbank

【ネット銀行(Direktbank)】

  • N26
  • Comdirect
  • DKB

Deutsche Bank

Deutsche Bankはドイツ最大の銀行であるだけでなく、世界トップクラスの国際銀行でもあります。ドイツ国内の支店数は1,680店で、ドイツ全国でサービスを受けることができます¹⁴。またCash Groupと呼ばれるドイツの4大銀行(Deutsche bank、Postbank、Commerzbank、HypoVereinsbank)のATMであれば、どれも手数料無料で利用可能です¹⁵。

  • 特典満載のBestKonto(口座維持費11.90ユーロ/月、MasterCardのクレジットカード2枚まで無料、国際デビットカードなど)¹⁶
  • スマートバンキングのAktivKonto(口座維持費5.90ユーロ/月、国際デビットカード初年度無料など)¹⁷
  • 学生用口座あり(口座維持費無料)¹⁸ 
  • オンラインから口座開設可能

Sparkasse

Sparkasseはドイツの各都市が運営する貯蓄銀行です。ドイツ国内、またその他のEU国で無料で利用できるATM数は約23,600台¹⁹と、非常に利便性が高いといえます。各都市が独自に運営するため、居住する都市によって口座維持費や手数料が異なります²º。

  • デュッセルドルフのリトル・トーキョー支店には日本人スタッフが常駐²¹
  • 口座維持費3.6ユーロ~(都市によって異なる)²²
  • 学生用口座あり(18歳から25歳まで)²³
  • 倒産リスクが低く、信頼度が高い¹¹

Commerzbank

Commerzbankも、Cash Groupのメンバーであるため¹⁵、無料で利用可能なATMが多くあります。

  • 口座維持費無料のKostenloses-Girokonto²⁴
  • 特典満載なPremiumKonto(口座維持費12.90ユーロ/月、クレジットカード、デビットカード、保険、空港ラウンジアクセスなど)²⁵
  • 学生・若者用口座あり(30歳まで)²⁶

Postbank

ドイツの郵便局が運営しているPostbankは、日本でいうゆうちょ銀行のような位置づけです。自行のATMに加え、提携しているDeutsche Bank、Commerzbank、HypoVereinsbankのATMも無料で利用可能です。¹⁵

  • 口座維持手数料が比較的安い(無料~4.90ユーロ/月)²⁷
  • 学生用口座あり(口座維持費無料)²⁷
  • オンラインから口座開設可能

N26

ドイツのスタートアップ企業が開発した、新しいタイプのネット銀行です。スマートフォンでの利用を主に想定しており、ドイツだけでなくEU圏全域で若者を中心に利用者を拡大しています。オンライン上から10分以内で口座開設ができること、ドイツに住んでいる日本人であればパスポートのみで口座開設ができる点が魅力的²⁸。口座維持費やMasterCardの年会費も無料です²⁹。

  • 口座維持費無料(口座維持費9.90~16.90ユーロのプレミアムアカウントもあり)
  • パスポートのみで口座開設
  • オンライン上で口座開設可能
  • 年会費無料のMasterCard

TransferWiseマルチカレンシー口座(2020年1月現在日本利用不可)

TransferWiseは海外送金を主に取り扱うサービスで、50以上の異なる通貨を1つのアカウントで保持できるマルチカレンシー口座も提供しています。

「ドイツに住み始めてすぐで現地の銀行口座をまだ準備できていないけど、給与などでEURの送金を受け取る必要がある」、「ドイツからイギリスやポーランドなどの通貨の異なる周辺国に旅行、または日本によく帰る予定がある」...そんな人に特に便利な機能が付いています。

  • 50以上の異なる通貨を1つのアカウントで保持・管理できる
  • EUR、GBP、USD、AUD、NZD、 PLNを現地の銀行口座のように受け取り可能
  • リアルレートと格安の両替手数料(0.35%〜2%)でアカウント内の通貨を両替できる
  • Mastercardデビットカード発行可能

2020年1月現在日本ではまだ開設できないマルチカレンシー口座ですが、ドイツでは開設可能です。

日本と違う?ドイツの銀行口座に関わる手数料

口座維持手数料

ドイツの銀行では日本と違い、口座を持っているだけで毎月口座維持手数料が発生します。口座維持手数料は銀行や口座の種類によっても異なりますが、高いものだと毎月10ユーロを超えることも。これは年間120ユーロ(約14,000円)にも上ります。

銀行や口座の種類を選ぶ際には、必ず口座維持手数料がいくらかかるのか確認しましょう。学生用口座や、ネット銀行の口座は維持費が無料のものが多いので、お金を節約したい人は検討してみるとよいですね。

また、口座維持手数料を支払い続けることがないよう、使わない口座は早めに解約することをおすすめします。

ATM手数料・振込手数料

日本では祝日や夜間にATMを利用すると手数料がかかりますが、ドイツの銀行のATMは365日24時間無料の場合が多いです。銀行ではないプロバイダ(Cashzone、Travelexなど)のATMでは高いATM手数料がかかることもあるので注意しましょう。³⁰

ドイツの銀行では、インターネットバンキングを通した振り込みは他行あてであっても無料のことが多いです。対して、窓口で振込手続きを行うと手数料がかかります。

海外送金手数料

ドイツの銀行口座を開設したら、日本からドイツに初期費用を送金したりと、海外送金を利用する機会が出てくるでしょう。

日本の銀行からドイツに送金する際、日本側で1,750円~8,000円の送金手数料が発生します。加えて、銀行が海外送金の際に利用する為替レートには「為替手数料」と呼ばれる手数料が含まれ、少し割高なレートになっていることに注意しましょう。

海外送金にかかるコストを削減したい人は、TransferWiseのような海外送金サービスを利用するのも手です。TransferWiseは銀行とは異なる仕組みで送金を行っているため、送金手数料が安く抑えられています。さらに、常にミッドマーケットレートを使って送金を行うため、為替手数料もかからず、送金コストを節約することができます。

リアルレートでお得に海外送金:TransferWise無料登録

ドイツで銀行口座を開設するには、パスポートとドイツの住民登録証が必要です。銀行の支店を直接訪ねるか、または銀行によってはオンラインで口座開設できることもあります。

ドイツで銀行口座を開設してよりスムーズに現地生活を送れるといいですね。


ソース

  1. TransferWise: 海外送金にかかる手数料を比較 | 為替レートを比較(2020年1月14日15:37(GMT+2)時点)
  2. N26: Availability across Countries
  3. Banks Germany: German bank accounts for non-residents
  4. Auswandern Handbuch: How to open a German Bank account for non residents
  5. ドイツ銀行グループ: 業務内容(日本)
  6. コメルツ銀行: コメルツ銀行東京支店
  7. TransferWise: How to open a bank account in Germany
  8. German Way: How To Open a Bank Account in Germany
  9. Expatica: Opening a bank account in Germany | How to open a German bank account as an expat
  10. Commerzbank: Make Commerzbank your bank
  11. Guanxi Times: ドイツでの銀行口座の開設方法まとめ(種類・必要書類・維持費)
  12. Deutsche Bank: Konten im Überblick mit attraktiven Leistungen
  13. Deutsche Bank: Konto eröffnen
  14. Deutsche Bank AG
  15. PostBank: Kostenfrei Bargeld in ganz Deutschland
  16. Deutsche Bank: BestKonto | Ein Konto, viel Komfort
  17. Deutsche Bank: AktivKonto | Das Konto für smartes Banking
  18. Deutsche Bank: Das Junge Konto | Das kostenlose Konto für junge Leute
  19. Sparkasse: Kostenfreies Girokonto für Studenten und Azubis
  20. せかいじゅうライフ: ドイツの銀行口座開設の手順とおすすめ銀行
  21. Sparkasse: Japanese information
  22. Sparkasse: Preisaushang Nr. 132 01.01.2020
  23. Sparkasse: Junges Konto
  24. Commerzbank: Kostenloses Girokonto mit 100 &euro
  25. Commerzbank: PremiumKonto für alle, die mehr wollen
  26. Commerzbank: Girokonto für Schüler, Azubis & Studierende
  27. PostBank: Jetzt Girokonto beim Testsieger eröffnen
  28. N26: vivez en Allemagne (nouvel onglet)
  29. N26 Membership Plans
  30. TransferWise: ATMs in Germany: Credit cards and fees

TransferWise – 海外送金をもっと安く、もっとカンタンに

詳しくはこちら
海外生活について

[2020年]意外と安い!?ドイツの留学費用を解説!

ドイツ留学は意外と安い?気になるドイツ留学の学費、住居費、食費などを徹底解説。具体的にいくらあれば留学できるのか明らかにしていきます。さらにドイツ留学の費用を節約する具体的なコツも紹介。意外とお金がかかる海外送金を安くする方法も学べます!

Yumiko Kijima
10.02.20 この記事は1分で読めます

役立つ情報、ニュース、お知らせ