新生銀行から海外送金するには?手数料、為替レートを徹底解説

Yumiko Kijima
06.03.20
この記事は1分で読めます

新生銀行は海外送金にも対応した銀行ですが、実際に海外送金をする際にかかる手数料やレート、日数など知っておくべきことがたくさんあります。この記事では新生銀行の海外送金方法およびリアルレート海外送金サービスTransferWiseについて紹介します。


例: 日本のJPY口座からアメリカのUSD口座へ10万円送金する場合(10万円に送金手数料も含む)

銀行/海外送金サービス 送金手数料 為替レート 合計コスト
新生銀行 新生銀行 2,000円¹ 新生銀行が定める為替レート 2,000円+為替レートに含まれる手数料
TransferWise TransferWise 1,007円²(送金額によって送金手数料が変わる) 実際の為替レート 1,007円

(2020年3月5日15:31(GMT+2)時点TransferWiseシミュレーション。)

新生銀行をはじめとして、銀行は普通、独自に定める為替レートを使用して海外送金を行います。実際の為替レートを使用するTransferWiseでは銀行の最大8倍安く海外送金ができます。TransferWiseの送金手数料は送金額によって異なります。送金シミュレーションから送金額・通貨を選択して、送金コストを確かめてみてください。

リアルレートで海外送金:TransferWise無料登録🚀

新生銀行の海外送金にかかる手数料

海外送金にかかるのは、送金手数料だけではありません。詳しく、それぞれの手数料を見ていきましょう。

  1. 送金手数料
  2. 為替レートに含まれた手数料
  3. その他のかかり得る手数料(円為替手数料・中継銀行手数料)

1. 新生銀行の海外送金手数料

送金方法 金額¹
新生総合口座パワーフレックスから引き落とす(円普通預金) 2,000円
新生総合口座パワーフレックスから引き落とす(外貨普通預金) 4,000円
振込専用口座(指定口座)へ振り込む 2,000円

新生銀行の海外送金は、2019年10月1日以降、店頭窓口および新生パワーコール(コールセンター)での取り扱いは終了し、外国送金はすべて海外送金専用スマートフォンアプリ「Goレミット」によるオンラインでの受付のみとなっています³。

Goレミットの海外送金は、上記の送金手段種類によって2,000円または4,000円の送金手数料がかかります。

しかし海外送金でかかる手数料はこれだけではありません。以下で、送金手数料以外の手数料について見ていきましょう。

2. 新生銀行の為替レート

新生銀行での海外送金は、新生銀行が定める為替レート「Goレミット専用TTSレート」で行われます¹。この為替レートは、毎営業日10:00頃にGoレミットウェブページまたは新生銀行海外送金アプリ(Goレミット)にて提示されます。

しかしこの為替レートは、Googleなどで調べた時に出てくる実際の為替レートと同じとは限りません。海外送金の際は、新生銀行の為替レートと実際の為替レートを比較してみてもいいでしょう。

海外送金時には、為替レートをしっかりチェック🔍

多くの銀行での海外送金は、銀行が定める為替レートで行われます。その為替レートは実際の為替レートではなく、銀行所定の手数料が上乗せされていることが一般的です。

つまり、送金手数料だけではなく、為替レートでも手数料が徴収されているということになります。海外送金サービスの中には、実際の為替レートで送金を行うTransferWiseのようなサービスもあります。

3. その他のかかり得る手数料(円為替手数料・中継銀行手数料)

手数料種類 金額
円為替手数料 送金金額の0.1%(最低1,500円)⁴
中継銀行手数料⁵ 銀行による

Goレミットで、円建て海外送金をする(=円から円のまま海外に送金する)場合、振込専用口座(指定口座)へ振り込む送金方法を選ぶと、送金金額の0.1%(最低1,500円)の円為替手数料が別途かかります。新生総合口座パワーフレックスからの海外送金の場合は、円建て送金でも円為替手数料はかかりません⁴。

また、中継銀行手数料は、新生銀行から海外の受取銀行へと送金する過程で、中継銀行(送金銀行と受取銀行をつなぐ銀行)でかかり得る手数料です。中継銀行手数料がかかる場合、送金額から中継銀行手数料が引かれた分が受取人へ届くことになります。

銀行に代わる、海外送金の選択肢:TransferWise

海外送金に特化したサービスTransferWiseは、常に実際の為替レートを使って送金しています。格安に設定された手数料と実際の為替レートで、銀行の最大8倍安く海外送金することが可能です。

TransferWiseが手数料を安く抑えられる理由は、国内送金を活用した海外送金の仕組みにあります。具体的には、動画をチェックしてみてください。

日本円からはUSD・EUR・GBPを始めとする全54通貨への海外送金に対応しています。銀行ではなかなか取り扱いのない通貨の口座へも海外送金することができますよ。

送金シミュレーションからどのくらい安く送金できるか確認してみてください。

新生銀行で外貨送金をする方法

  1. Goレミットアプリをダウンロード  
  2. アプリから運転免許証・マイナンバー等をアップロードし、自分のプロフィール情報を登録 
  3. (約1週間後)登録完了通知レターを受け取る 
  4. レターに記載された[お客さま番号]をアプリに入力
  5. (新生総合口座パワーフレックスからの引き落しによる送金を希望する場合)新生銀行口座を登録する 
  6. 送金先情報を登録
  7. (約2~3週間程度)最初の送金手続きが始められるようになる¹

新生銀行の海外送金はスマホアプリで手続きができて便利です。しかし、最初の送金が開始できるまで合計約3〜4週間かかります。十分な余裕を持って送金手続きを進めるといいですね。

TransferWiseではアカウントを登録した同日に最初の送金を行えることもあります(初回かつ送金金額が10万円以下の場合)。詳しくは、TransferWiseの使い方を参考にしてください。

新生銀行の海外送金に必要な書類

  • 日本国籍の場合:マイナンバーカード、もしくは、マイナンバー通知カード+運転免許証
  • 外国籍の場合:マイナンバーカード+在留カード、もしくは、マイナンバー通知カード+在留カード¹

新生銀行で海外送金する際にかかる日数

通常は、新生銀行が送金してから1~3営業日後に受取口座に入金されます。受取国・銀行によってはそれ以上の日数がかかる場合もあります。⁶

海外送金にかかる日数を減らす方法もチェックしてみてください。

新生銀行の海外送金限度額

30万円まで送金することができます。30万円を超える送金をしたい場合、アプリ内で送金限度額の増額申請をしましょう(審査があります)。審査完了まで数営業日かかります。¹

新生銀行の外国送金に関する問い合わせ先

  • Goレミットカスタマーサービス(0120-227-503 平日9:00~17:00)
  • Goレミットよくある質問

まとめ

  • 新生銀行の海外送金は、送金手数料2,000円がかかる(外貨預金口座からの場合、4,000円) 
  • 海外送金にはスマホアプリGoレミットが必要
  • 実際の為替レートで海外送金をしたい場合、TransferWiseのような海外送金サービスを検討してみても◎

ソース
  1. 海外送金専用スマホアプリ Goレミット新生海外送金サービス
  2. ネットでかんたんに海外送金 | TransferWiseで海外へ送金する(2020年3月5日15:31(GMT+2)時点)
  3. 新生銀行 | 受け取る・送る(外貨預金)
  4. 新生銀行 | よくあるご質問 【Goレミット新生海外送金サービス】円建ての海外送金時の注意点について教えてください。
  5. 送金手数料 - Goレミット新生海外送金サービス(Goレミット海外送金の特徴)
  6. よくあるご質問 【Goレミット新生海外送金サービス】海外送金の到着日数を教えてください。

当ブログは、一般的な情報を提供することを目的としており、扱われている全てのトピックの詳細すべてが網羅されるものではありません。当ブログは、お客様が根拠とすべきアドバイスとなることを意図しておりません。当ブログの内容に基づいていかなる行動を起こすまたはいかなる行動を止める前に、専門家またはスペシャリストのアドバイスを得る必要があります。当ブログの情報は、TransferWise Limitedまたはその関連会社からの法的、税務的、その他専門的なアドバイスを表すものではありません。過去の結果と今後も同様の結果となることは保証されません。明示または明示されていないかを問わず、当ブログの内容が正確、完全、または最新であることを表明、担保または保証しておりません。

TransferWise – 海外送金をもっと安く、もっとカンタンに

詳しくはこちら

役立つ情報、ニュース、お知らせ