LINE Pay(ラインペイ)の使い方を徹底解説!メリット・デメリットも

Yumiko Kijima
07.09.20
この記事は1分で読めます

LINEが提供する決済サービスLINE Pay(ラインペイ)。名前は聞いたことあるけど、いまいち何ができるのかわからない、という人も多いのではないでしょうか。この記事では、LINE Payの詳しい使い方とメリット・デメリットを見ていきます。

また、LINE Payでは対応していない海外送金をお得に行うためのコツも紹介しています。


🚀TransferWise:リアルレートで銀行の最大8倍安く海外送金

例:日本の口座からアメリカの口座へ10万円を送金する(送金額に手数料を含む)¹

銀行/プロバイダ 送金手数料 為替レート 受取額
PayPal PayPal 499円 独自の為替レート 896.87ドル
楽天銀行 楽天銀行 1,750円 独自の為替レート 921.15ドル
TransferWise TransferWise 758円 実際の為替レート 939.13ドル 送金する

(2020年8月21日16:27(GMT+3)時点)

「海外送金のコストは、為替レートにも含まれている」と知っていましたか?銀行や多くの海外送金プロバイダは為替レート自体にも手数料を上乗せしています。

上記の例では、送金手数料だけ見るとPayPalが一番安いように思えますが、為替レートも考慮すると実際の為替レートを使用するTransferWiseが一番多くの額を送れる=一番お得となります。

"実際の為替レート"で銀行の最大8倍安く海外送金:TransferWise🚀


LINE Pay(ラインペイ)とは?LINE Payでできること

LINE Pay(ラインペイ)とは、LINE株式会社が開発したスマホ決済サービスです。事前にアカウントにお金をチャージしておくことで、店舗ではスマホをかざすだけで決済ができたり、他のLINE Payユーザーに送金したりすることができます。

LINE PayはLINEアカウントを持っている人であればだれでも利用でき、現金からのチャージも可能なので銀行口座やクレジットカードを持っていなくても使うことができます²。

LINE Payの機能:LINE Payでは何ができる?

LINE Payでは、以下のような機能を利用できます。³⁻⁷

  • 銀行口座・ATM・コンビニからの残高チャージ
  • LINE PayのQRコード/バーコード支払い、オンラインショッピング
  • 他のLINE Payユーザーへの送金
  • LINE Payカード(JCBブランド)の発行
  • 日本円から米ドル、韓国ウォンなどへの外貨両替 
  • 公共料金の支払い(請求書のバーコードをスキャンして支払う)

LINE Pay(ラインペイ)の基本的な使い方

では、早速LINE Payの詳しい使い方を見ていきましょう。

1. アカウントを登録する

LINE Payを利用するには、まずLINEアプリが必要です。⁸

  • LINEアプリをダウンロードし、[はじめる]をタップ
  • 利用規約・プライバシーポリシーを確認後、電話番号を入力
  • SMSに認証番号が送信される
  • 届いたSMSに記載されている認証番号を入力
  • [アカウントを新規登録]をタップ
  • 名前、プロフィール、パスワードなどを設定
  • アカウント登録完了

LINEアプリから、LINE Payの利用設定を行います。⁹

  • LINEのウォレットタブから[LINE Payをはじめる]をタップ
  • 規約に同意
  • 登録完了

2. チャージする

次に、LINE Payの残高をチャージしてみましょう。チャージする方法は、以下の3つがあります。

おすすめ⭐️銀行口座からチャージ

最もおすすめの方法は、銀行口座からチャージする方法です。銀行口座を登録すれば自動的に本人確認も完了します。本人確認を済ませておけば、送金機能など利用できるサービスが広がります。¹º⁻¹¹

  • [ウォレット]から [+]ボタンをタップし 銀行口座を選択    
  • 登録したい銀行を選択
  • 各銀行のサイトで必要な情報を入力
  • 規約に同意し設定完了

銀行口座を登録したら、口座からチャージできるようになります。

  • LINE Payメインメニューから[チャージ]そして[[銀行口座]を選択
  • チャージ元の口座を選択し、希望する金額を入力
  • チャージが完了

セブン銀行ATM

セブンイレブンなどに設置されているセブン銀行ATMを利用してチャージできます。²

【スマートフォンのみでチャージする場合】

  • LINE Payメインメニューから[チャージ]そして[セブン銀行ATMを選択
  • 画面下部の[次へ]をタップしてコードリーダーを開く
  • ATM画面に表示される QRコードを読み取る
  • ATMとスマートフォンに表示される案内に従ってチャージ

【LINE Pay カードでチャージする場合】

  • ATMにLINE Pay カードを挿入
  • 案内に従ってチャージ希望金額入力
  • チャージ完了

LINE Payカード

LINE Payカードを発行すれば、LINE Payカードを使ってLINE Pay残高をチャージすることも可能です。²

  • ローソン、ナチュラルローソンまたはローソンストア100の店頭レジでチャージしたい金額を伝える    
  • LINE Pay カードをレジ端末にスワイプする
  • チャージ金額を支払う

LINE Payでは、他にも東急線券売機を使う方法、Famiポートを使う方法、またオートチャージを設定する方法などもあります。

3. 支払い・送金に使う

チャージが完了したら、早速店舗での支払いや友人への送金などに利用できます(送金機能は銀行口座登録による本人確認が必須)。LINE Payを使った支払いの方法を見ていきましょう。¹²

【スマホでコードを表示し店員に読み取ってもらう】

  • [ウォレット]から[コード支払い]をタップ
  • パスワードを入力(LINE Pay起動時に入力済みの場合は不要)
  • レジでLINE Pay利用の旨を伝え、コードを提示
  • コードを読み取ってもらったら決済完了

【店頭に掲示されたコードを読み取る】

  • [ウォレット]から[コードリーダー]をタップ
  • 掲示されたQR/バーコードを読み取る
  • 表示された内容を確認し決済完了

「LINEポイント」「LINE Payクーポン」が使える

LINE Payで支払う際には、これまでに貯めたLINEポイントやLINE Payクーポンなどを使うこともできます。保有しているポイントはウォレット画面の右上で確認できます。

決済時にポイントを使いたい場合は、コードを提示する際に[LINEポイント]をタップしましょう。1ポイント = 1円相当でLINEポイントを買い物に使うことができますよ。¹³

また、お得に支払いを行いたい場合はクーポンも見逃さないようにしましょう。LINE PayクーポンはLINEから配信されるメッセージや店頭での掲示、また[ウォレット]の[クーポン一覧]から取得することができます¹⁴。

友人や家族に送金する

LINE Payの残高は他のLINEユーザーに送金することもできます。普段からコミュニケーションに利用しているLINEで送金できるのは便利ですね。割り勘機能もあります。ただし、この機能を利用するには本人確認を完了させている必要があります。¹¹

  • 送金したい友だちのトークを選択し[+]ボタンをタップ
  • [LINE Pay]を選択し[送金する]をタップ
  • 送金金額を入力して[次へ]をタップ
  • 相手に送る画像を選択し[送金]をタップして送金完了

外貨に両替する

LINE Payでは、LINEPayの残高を外貨に両替できる機能もあります。詳しくはLINE Payの外貨両替はお得?両替レートや方法などを徹底解説!の記事をご覧ください。

外貨両替時には、LINE Payの定める為替レートと実際の為替レートを比較することを忘れないようにしましょう。

LINE Pay(ラインペイ)の手数料

LINE Pay(ラインペイ)の登録・チャージ・支払い・送金などの基本的な機能は全て無料で利用できます。ただし、LINE Pay残高を銀行口座に振り込む場合には176円の振込手数料がかかります。⁴

LINE Pay(ラインペイ)が使えるお店

LINE Payはスーパーやコンビニ、郵便局など全国309万ヵ所以上で利用できます。利用できるお店はLINE Pay専用アプリで現在地周辺の対応店舗をマップ上で見つけることができます。また、行きたい場所にある対応店舗を探すことも可能です。¹⁵⁻¹⁶

LINE Pay(ラインペイ)で海外送金はできる?

LINE Payで海外送金することは原則できません。海外送金を利用したい場合は、TransferWiseなど他のサービスを検討してみましょう。

💡リアルレート海外送金サービス:TransferWise

海外送金に特化したサービスTransferWiseは、常に実際の為替レートを使って送金しています。また、銀行とは違う、国内送金を生かした送金の仕組みによって、海外送金をより速くよりかんたんにしています。

日本円からはUSD・EUR・GBPを始めとする全54通貨への海外送金に対応しています。銀行ではなかなか取り扱いのない通貨の口座へも海外送金することができますね。

TransferWiseで海外送金を行う方法

  1. 無料でアカウントを登録する 
  2. 送金額を入力する
  3. 受取人の口座情報を入力する
  4. 本人確認を行う 
  5. TransferWiseの日本口座に振り込む

手続きは以上です。すべてオンラインで完了させることができます。

どれだけ安く海外送金できるかチェックする💡

LINE Pay(ラインペイ)のメリット・デメリット

スマホ決済サービスはLINE Payの他にも様々なものがあります。比較検討して自分に最適なものを選びましょう。以下ではLINE Payのメリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • LINE Payカード(JCBブランド)を発行できる
  • LINEアプリのみで利用できるため、新たなアプリを登録・ダウンロードする必要がない
  • 支払いに利用できるLINE Payポイントが貯まる
  • 外貨両替を利用できる

デメリット

  • LINE Pay対応店舗数が、PayPayなど他のQRコード決済アプリと比べると少ない
  • チャージ方法にクレジットカードが含まれない
  • 海外送金はできない

まとめ

以上、LINEのスマホ決済サービスLINE Pay(ラインペイ)について詳しく見てきました。LINE Payには以下のような特徴があります。

  • LINEアカウントのみで無料で利用可能
  • 残高は銀行口座またはATM・コンビニからチャージできる
  • 対応店舗ではスマホのQRコード決済が可能
  • 他のLINEユーザーに送金できる

普段から利用しているLINEアプリだけで利用できるのは便利ですね。LINE Payでは送金や外貨両替などのサービスも利用できますが、海外送金は原則利用できません。

海外送金を利用したい場合は、リアルレートでお得に送金できるTransferWiseなど海外送金サービスの利用を検討してみるといいですね。送金前に送金シミュレーションでコストを確認してみましょう。

リアルレートで60以上の国・地域に海外送金🚀

TransferWise for sending money


ソース
  1. TransferWise | 送金事業者ごとの為替レートを比較 (2020年8月21日16:27(GMT+3)時点)
  2. LINE Pay | チャージ
  3. LINE Pay | 支払い方法
  4. LINE Pay | LINE Payの送金方法
  5. LINE Pay | LINE Pay カードの紹介
  6. SBJ銀行|LINE Pay 外貨両替
  7. LINE株式会社 | 【LINE Pay】請求書支払い、導入数1,000団体を突破 うち公共料金は120団体に
  8. LINEみんなの使い方ガイド|新規登録をする
  9. LINE Pay | LINE Payを始めよう
  10. LINE Pay | 銀行口座登録の方法
  11. LINE Pay | 本人確認すると、送金&現金出金が可能に!
  12. LINE Pay | コード支払いの方法
  13. LINE Pay | LINEポイントとは
  14. LINE Pay | LINE Payクーポン
  15. LINE Pay | LINE Pay使えるお店ガイド
  16. LINE Pay | LINE Payが使えるお店をマップ上や一覧で確認

当ブログは、一般的な情報を提供することを目的としており、扱われている全てのトピックの詳細すべてが網羅されるものではありません。当ブログは、お客様が根拠とすべきアドバイスとなることを意図しておりません。当ブログの内容に基づいていかなる行動を起こすまたはいかなる行動を止める前に、専門家またはスペシャリストのアドバイスを得る必要があります。当ブログの情報は、TransferWise Limitedまたはその関連会社からの法的、税務的、その他専門的なアドバイスを表すものではありません。過去の結果と今後も同様の結果となることは保証されません。明示または明示されていないかを問わず、当ブログの内容が正確、完全、または最新であることを表明、担保または保証しておりません。

TransferWise – 海外送金をもっと安く、もっとカンタンに

詳しくはこちら
海外送金について

2020キャッシュレス決済どれがいい?人気6サービスを比較!

数ある「○○ペイ」サービスの中で、あなたに最適なのはどれ?6つのキャッシュレス決済サービスを比較しました。ポイント還元やチャージ方法、機能などを比べています。さらにマイナポイントについても解説。キャッシュレス決済を始めたい人は必読!

Yumiko Kijima
02.10.20 この記事は1分で読めます

役立つ情報、ニュース、お知らせ