日本円からの送金で必要な本人確認と住所確認について

日本円からの送金で必要な本人確認と住所確認について

TransferWiseでは、日本円に限らず、様々な通貨を取り扱っております。 しかしながら、本人確認は送金される国・通貨別に異なり、送金手続きの中で本人確認を行うよう設計されています。 これは安全に送金を行うためであり、日本の規制遵守のためでもあります。

送金を行う前にお客様のIDにて本人確認を行います。 住所確認の手続きは、初回の送金が10万円以上の場合、もしくは2回目の送金時に必要となります。 日本から海外への送金(仕向送金)を実施される際、本人確認が完了していない場合、下記の手順に従って手続きを完了させていただく必要があります。本人確認が完了するまで日本からの送金はできませんので、予めご了承ください。


 

初回の送金額が100,000円以下の場合


初回の送金額が10万円以下の場合、下記の書類をご提出いただき、本人確認を完了させる必要があります。

1. マイナンバーカード(個人番号カード): 個人番号が確認できるコピーもしくは写真が必要です。(両面)

または

2. マイナンバー関連書類 + 顔写真付き身分証明書: マイナンバー「個人番号カード」をお持ちでないお客様は、以下の書類のコピーもしくは写真が必要です。 顔写真付き身分証明書に記載の住所が弊社に登録されている住所と一致していることを確認ください。

マイナンバー写真付き身分証明書に記載の住所が弊社に登録されている住所と一致していることを確認ください。

  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバー(個人番号)が記載された住民票 ※発行日より6ヶ月以内のもの


受付できる顔写真付き身分証明書は以下です。

  • 在留カード(両面)
  • 日本の運転免許証 (両面)
  • 住基カード(両面)
  • 日本国パスポート(顔写真ページと所持人記入欄の両面が必要です。所持人記入欄の現住所に登録住所を記載ください。)

 

書類はこちらより提出ください。

初回の送金額が100,000円以上、二回目の送金の場合


初回の送金額が10万円以上もしくは、二回目以降の送金時には本人確認と住所確認の両方の手続きが完了している必要があります。

住所確認ご登録の住所に4桁のアクティベーションコードを郵送します。

ご提出いただいた書類の審査が完了後、弊社のパートナー会社より発送いたします。 簡易書留の受取りには3‐5日程かかります。住所に誤りがある場合や転送設定されている場合、弊社に返送されます。

住所はTransferWiseのアカウントに登録されたものと、ご提出された身分証明書を一致している必要があります。

簡易書留が届いた際には、お客様の署名が必要です。 お客様が不在の場合は、不在票より再配達を依頼できます。 不在票には電話番号が記載されており、日本語以外も対応しています。

簡易書留を受取後、TransferWiseにログインし、アクティベーションコードをご入力ください。

書類はこちらより提出ください。


日本での本人確認及び住所確認は最大3営業日程度かかる場合がございます。 既に送金手続きを作成している場合、必要な確認審査後、送金は開始されます。


この記事は参考になりましたか?

どんなことでお困りですか?

電話、メール、またはチャット(日本未対応)にてサポートしています。

お問い合わせはこちら